CATEGORY:スタッフBLOG

自分の言動はどう見られているのか

お疲れ様です!

キャリアアドバイザーの花田です。

私はよく面談の中でも、もちろん自分の生活の中でも「客観視する」というのを大切にしています。「相手から見てどう思うか」「どちらの方が採用したいと思われるか」「印象よく見られるか」というようなことです。

イメージしやすいのは「髪色はどちらの方がいいですか」について、もうまさに「どう見られたいか」「どういう印象を持たれたいか」の先に選ぶべき答えはあると思います。

「自分はこうしたい」はもちろん大切です。でもそのように行動して、相手がどう思うのか、どんな印象を抱くのかの視点を持つことも、ある場面では重要だと思います。

小学生の時に「相手の気持ちを考えようね」とよく言われました。何気ない行動、一言、使う言葉・・それを投げた相手はどう思うのか?どう感じているのか?

想像力を働かせて、もっと慎重に、丁寧に。

TO TOP